椿山課長の七日間 (朝日文庫)

3.83
  • (488)
  • (640)
  • (699)
  • (48)
  • (3)
本棚登録 : 3863
レビュー : 547
著者 :
tsukasa26さん  未設定  読み終わった 

一丹=伊勢丹 四越=三越 横島屋=高島屋 リーク 弔い合戦 醜聞しゅうぶん フラッグシップ 東からは宮益坂が、西からは道玄坂が降っている。その谷間に、山手線と明治通りが走っていた。今は暗渠になってしまった渋谷川も、入店した頃は饐えた臭気を放つ泥川だった。 春の小川 ナーバス 痕跡 冤罪 邪婬の罪 ボールペンを弄ぶ音が聴こえる。 赤とんぼ 献杯 浪花節はやめ。柄じゃないわ 縁故採用者 まるっきり呉服屋の丁稚 僭越 恋供養 演歌のタイトル オフレコ 拘禁ノイローゼ 円山町のホテル街 噂には尾鰭がつく 人間は「ありがとう」を忘れたら生きる資格がないんだよ。 白金台の木立に目を細める ロココ 身体捜検 文化的相似 起居動作ききょどうさ 明鏡止水 既成事実は必ずしも正義じゃない アナログなお母さんはディベートが出来ないらしい 仁義なき戦い スピリッツ・アライバル・センター(SACサック)浅草公園六区 やくざの組長武田勇 根岸勇太 緊急避難 シベリア 極楽浄土 よみがえりキット

レビュー投稿日
2015年12月23日
読了日
2015年12月23日
本棚登録日
2015年12月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『椿山課長の七日間 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『椿山課長の七日間 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする