のだめカンタービレ(12) (KC KISS)

3.60
  • (357)
  • (188)
  • (940)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 2991
レビュー : 150
著者 :
tsukasa26さん 漫画   読み終わった 

フィンランドのシベリウス 的外れ アイヤー 美女と野獣の対話 マエ酢トロ丼=ようするにネギトロ オルセー美術館 スーラ早死 妄想画じゃなくて抽象画 抽象画とは対象物の本質や心象を描くことだ 演奏には「本人」が出るんだよ 堕天使に成り下がってしまう リストの超絶エチュード(練習曲)ゴッホは生きてる間一枚しか絵が売れなかった 芸術は人の目や耳に触れてまた育っていくんだから 点描(点の集合で表現する技法)孔雀の発情期 ミサ 教会でオルガン ジュテーム(愛してる)グローク(青緑)フーガ(遁走曲)バッハだって結構いい加減 黒木泰則

レビュー投稿日
2017年4月14日
読了日
2017年4月14日
本棚登録日
2017年4月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『のだめカンタービレ(12) (KC KI...』のレビューをもっとみる

『のだめカンタービレ(12) (KC KISS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする