Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (7) (秋田文庫)

3.75
  • (69)
  • (46)
  • (126)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 824
レビュー : 27
著者 :
tsukasa26さん  未設定  読み終わった 

南イタリア 干潟なんぞ二足三文にもなりゃしない! 歪んだ心の底 脳血腫 転地療養 ベリリウム中毒症 肉芽腫 黒潮に乗ってポリネシアや東南アジアから漂着した民族もいたでしょう 団体とか運動には関わりを持たない質でしてね こいつは硬質ガラスでつくったのさ電気を通さない ついでに言うがこのビニール・ケースも不導体でしてね こういうことはよくあるもんでね ウーム…見事というか神業というかよくあの場所でこんな結紮けっさつができましたな! 彼女を魂の救済にしているのを 苦さや倦怠を見ていた 理想の形のままでは有り得ないと知って 自分の中にある倫理 人間は世の中から許してもらって生きるのではなく、自分で、自分が生きる価値のある人間だ、と信じて生きてゆくものだ、と。 彼が育てる以上に、ピノコは信じられない生命力で前に進む。 自分が与えたはずの命が、自分を支える事の驚きと力。

レビュー投稿日
2019年2月16日
読了日
2019年2月16日
本棚登録日
2019年2月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Black Jack―The best ...』のレビューをもっとみる

『Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (7) (秋田文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする