Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (8) (秋田文庫)

3.76
  • (64)
  • (37)
  • (116)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 728
レビュー : 23
著者 :
tsukasa26さん  未設定  読み終わった 

狂犬病は潜伏期が二十日から六十日ぐらいだ ヒステリーというのは一種の神経病でね 鋭利な刃物で皮膚や筋肉の走る方向に沿って切れば塞がれた傷口はすっかりなくなってしまうものだ 人間も動物の一種です だから鳥や爬虫類のように卵の殻に包まれた赤ん坊があったっておかしくはない スペインピレネー山脈 手術痕 寒栓 畸形 挫創 評判倒れのインチキ医者 メッケル憩室…まァ謂わば一種の腸のお荷物さ 情状酌量 ふざけるな俺も医者の端くれだ命が助かるに越したことはないさ… 鎌鼬 クル病 ビタミンD すり替え まるで憎悪を風と受け流すような… 膵臓癌 黄疸 生き延びるっていうのは素晴らしいことですなあ…この感動を無駄にはしませんぞ… 高山病に体を慣らしていた 相模刑事は死ぬのではないかという予測は覆りました ちゃくし嫡子 懊悩しながらも 却ってかえって 冷徹ではいられないのだ 菊地秀行

レビュー投稿日
2019年3月3日
読了日
2019年3月3日
本棚登録日
2019年3月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Black Jack―The best ...』のレビューをもっとみる

『Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (8) (秋田文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする