高野聖

3.67
  • (6)
  • (26)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 23
著者 :
hotaruさん 古典   読み終わった 

予想外だったりスピーディーな展開の小説は面白い。けれど、たとえそれらを欠いていたとしても、徹底的に選び抜いた美しい言葉と巧みな構造で独自の世界観を築き上げれば人を惹きつけることはできる。
泉鏡花を読むたびにそれを実感している気がします。

敦賀に向かう汽車の中で言葉を交わし、同じ宿の同じ部屋に泊まることになった若者と中年の僧侶。眠れない若者は、僧侶に諸国を歩いて体験したおもしろい話を所望する。
そこで僧侶は、若い時分に飛騨の山越えをした折の不思議な体験を話す…。

ストーリー自体は正直、読んでいる途中で結末がわかってしまう、日本昔話にあるようなお決まりの怪談というか怪綺談です。

それなのに、いかにも鏡花らしい、絶妙に配置した言葉によるリズミカルな文章の美しさと、目の前に映像が浮かびあがるようなきめ細やかな情景描写、そして、幻想と現実を絶妙なタイミングで行き来する「語り物」の構造の見事さがあわさって生まれる妖艶な世界観に引きつけられて、グイグイと最後まで読んでしまいました。

百物語のお決まりの一編を、言葉選びと雰囲気づくりが上手な噺家さんにしてもらえる、ぐらいの気持ちで楽しむといい作品。

レビュー投稿日
2018年11月5日
読了日
2018年11月5日
本棚登録日
2018年11月5日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『高野聖』のレビューをもっとみる

『高野聖』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする