ツバキ文具店

4.15
  • (478)
  • (594)
  • (204)
  • (26)
  • (8)
本棚登録 : 4171
レビュー : 541
著者 :
tsukiyomi777さん 11. 小説   読み終わった 

NHKドラマを先に見て、あまりに優しくて美しい世界観に何回も泣きました。
絢香さんが歌う主題歌も鳩子の気持ちに寄り添っていて、今でも聞くたびに私のこころはツバキ文具店の世界に舞い戻ります。

原作も、想像の何倍も美しかった。
鎌倉で暮らす、夏から始まる一年。
いくつかの後悔を抱えつつ、代書屋を営む鳩子。

溝を埋められないまま先代を亡くしてしまった鳩子の心中ははかりしれないけれど、生前の先代が紡いでくれた人との縁が、鳩子に先代の愛を教えてくれた。
そして鳩子が代書屋を継いで出逢った人たちの存在は、鳩子に居場所と自信を与えてくれた。

人生の後悔とどう向き合うか、どう乗り越えるか。とても難しいことだと思う。
でも、後悔の無い人なんていない。
その後の鳩子の人生が、穏やかで、幸せに溢れてるといいなあ。

…そう思って本を閉じました。
早く、キラキラ共和国読まなくてはっ!

レビュー投稿日
2018年3月3日
読了日
2018年3月2日
本棚登録日
2018年2月8日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツバキ文具店』のレビューをもっとみる

『ツバキ文具店』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ツバキ文具店』にtsukiyomi777さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする