バカにならない読書術 (朝日新書 72)

3.13
  • (5)
  • (44)
  • (98)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 437
レビュー : 70
キじばと。さん 読書・知的生産   読み終わった 

第1部は「「養老流」本の読み方」というタイトルで、養老孟司が読書について語ったエッセイになっています。

本屋に本がたくさん並んでいるのを見て、精神家の待合室みたいだという感想を持つという言葉にはびっくりしますが、自分の理解を超えたものとのコミュニケーションとして読書を捉えるという見方には、教えられるものがあります。

第2部は、養老孟司、池田清彦、吉岡忍の3人が、お薦めの本を紹介する鼎談です。

養老孟司がミステリについて深い造詣があるのは知っていましたが、池田清彦が詩に深い思い入れのあることは本書を読むまで知りませんでした。しかし3人とも、専門外の本をこれほど幅広く読んでいることに驚かされます。

レビュー投稿日
2014年7月8日
読了日
-
本棚登録日
2014年7月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バカにならない読書術 (朝日新書 72)』のレビューをもっとみる

『バカにならない読書術 (朝日新書 72)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『バカにならない読書術 (朝日新書 72)』にキじばと。さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする