能、世阿弥の「現在」 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2014年4月25日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
3

能と世阿弥にかんする著者の評論を収録しています。

著者は、面や声、装束について、もっぱら現象学的な立場からの批評を展開するとともに、テクスト論的な視点もとりいれて能の物語構造にかんする分析をおこなっています。歴史的な立場からの議論ではないものの、各演目についての印象批評にとどまるものではなく、能にかんする美学的な考察と呼ぶことのできる内容だと感じました。

とくに観世寿夫とジャン・ルイ・バローの競演についての分析では、身体へと閉じられてしまうバローのパフォーマンスと、空間へと広がる観世寿夫の演技を対比的に論じており、能における身体と舞台空間とのつながりについて興味深い思索が見られます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 芸術・デザイン
感想投稿日 : 2020年7月30日
読了日 : -
本棚登録日 : 2020年7月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする