神様のメモ帳5 (電撃文庫 す 9-13)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス (2010年5月10日発売)
4.09
  • (95)
  • (107)
  • (66)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 1118
感想 : 66
3

今回は短編集です。

第一話「はなまるスープ顛末」は、ミンさんの家にストーカーが押し入り、その行方を追う話。第二話「探偵の愛した博士」は、小さな酒屋を経営している岡林友造(おかばやし・ともぞう)が、店の酒に異物を混入されるなどの被害を受け、アリスたちがその犯人をさがす話。第三話「大バカ任侠入門編」は、平坂組の事務所に、大家の娘の陣内(じんない)カオリを誘拐したという脅迫電話がかかってきて、鳴海が事件を解決にみちびく話。第四話「あの夏の二十一球」は、少佐たちの行きつけのゲームセンターがヤクザの「ネモさん」こと根本喜一(ねもと・きいち)強迫を受けており、鳴海たちが店の存続をかけて野球の勝負をする話。

いずれも、他巻の長編より軽いテイストに仕上げられており、ライトノベルらしいキャラクターの立ちまわりとマッチしているように感じました。個人的にはこのくらいのギャグ成分強めの内容のほうが好みです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 少年向けライトノベル
感想投稿日 : 2020年8月22日
読了日 : -
本棚登録日 : 2020年8月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする