流星ワゴン (講談社文庫)

3.82
  • (2159)
  • (2831)
  • (2954)
  • (282)
  • (39)
本棚登録 : 17725
レビュー : 2243
著者 :
キじばと。さん 日本の小説・エッセイ   読み終わった 

38歳の永田一雄は、長年断絶に近い状態だった父の永田忠雄の最期を看取ろうとしています。彼自身も、会社からリストラをいいわたされ、妻の美代子に離婚話を切り出され、中学受験に失敗した息子の広樹は暴力をふるうなどの出来事がかさなり、投げやりな気持ちになっていました。そんな彼のもとに、5年前に交通事故で死んだ橋本親子の乗る車が現われ、一雄自身が気づくことなくやりすごしてしまった運命の分岐点へと彼を連れていきます。

しかし、過去をやりなおそうとする彼の思いとは裏腹に、運命は定められた方向へと進んでいき、一雄は無力感に苦しめられることになります。しかし、そうした必死の抵抗を通して、しだいに彼は自分自身が奇しくも現在立たされている場所を、あらためて自分自身の運命として受け止めなおしていくことになります。

当代随一のストーリー・テラーである著者らしい話の運び方です。はじめは、登場人物たちの回し方に多少ギクシャクした印象を受けたのですが、単線的なストーリーとは異なる、登場人物たちの運命が奇しくも出会うことでそれぞれの生き方があらためて確認されるような読後感をいだきました。

レビュー投稿日
2018年9月21日
読了日
-
本棚登録日
2018年9月21日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『流星ワゴン (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『流星ワゴン (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『流星ワゴン (講談社文庫)』にキじばと。さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする