ブラックジャックによろしく (11) (モーニングKC)

3.49
  • (45)
  • (49)
  • (164)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 680
レビュー : 27
著者 :
キじばと。さん 青年コミック   読み終わった 

事件を起こした犯人は精神の病を患っていることを装っているのではないかという伊勢谷の推測を聞いた読捨新聞の門脇は、精神疾患を持つ患者に対する社会に向けて一石を投じようとします。一方で斉藤は、入院患者である小沢と早川の恋を見守り、自分なりの仕方で2人の心に向き合おうとします。

著者自身、重いテーマを扱いかねているような印象もありますが、どのような観点から見ているかによって見えてくるものが大きく変わってくるような問題なのですから、すっきり割り切った答えを出すのではなく、問題に著者も読者も巻き込まれていくような本書の描き方にも、十分に意味があるのではないかと思います。

レビュー投稿日
2017年7月9日
読了日
-
本棚登録日
2017年7月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブラックジャックによろしく (11) (...』のレビューをもっとみる

『ブラックジャックによろしく (11) (モーニングKC)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする