乱世を生きる ―市場原理は嘘かもしれない (集英社新書)

3.14
  • (16)
  • (13)
  • (86)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 327
レビュー : 43
著者 :
キじばと。さん 日本の小説・エッセイ   読み終わった 

「勝ち組」「負け組」という二分法が、経済的な勝利だけを唯一の指標とする考え方を前提としていると著者は指摘し、その前提の外側の世界があるということを疑うことさえしない怠惰な知性を批判しています。

著者は、「経済」という語が「経世斉民」に由来することを指摘して、「生きることが幸福でありたいという感情。これこそが経済という人間行為の本質ではなかろうか」と述べています。とはいえ、竹中平蔵でさえ「エコノミー」がギリシア語の「オイコノミア」に由来する語だということに触れつつ、経済学がほんらい人びとの幸福の実現をめざす学問だということを語っており、著者の指摘にそれほど目新しいものはないように思います。

もし、現在の経済より理想的な状況を描き出すことができるのだとすれば、じっさいにその方向へと舵を切ってソフト・ランディングを実現するための具体的な方法を見いだすことが、本当の問題なのではないかと思うのですが。

レビュー投稿日
2014年4月11日
読了日
-
本棚登録日
2014年4月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『乱世を生きる ―市場原理は嘘かもしれない...』のレビューをもっとみる

『乱世を生きる ―市場原理は嘘かもしれない (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『乱世を生きる ―市場原理は嘘かもしれない (集英社新書)』にキじばと。さんがつけたタグ

ツイートする