おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)

3.45
  • (222)
  • (338)
  • (944)
  • (57)
  • (10)
本棚登録 : 3305
レビュー : 225
著者 :
制作 : 志田 正重 
キじばと。さん 日本の小説・エッセイ   読み終わった 

大学生になった勝利は、これまで同様に花村家でかれんと同居をつづけていますが、二人の仲はこれまでと大きな進展はなく、過ぎ去っていきます。やがてかれんと丈の母親である佐恵子が家に帰ってくることになり、勝利はもどかしい思いを心にいだきます。

そんななか、大学の陸上部のマネジャーとなった星野りつ子が勝利に好意を寄せ、先輩の原田も彼女の恋を応援バックアップします。

第2巻も、勝利とかれんの甘酸っぱい恋がえがかれています。あいかわらずかれんが幼すぎるように感じてしまいますが、そのぶん勝利がすこしずつ大人の男に近づいているような雰囲気もあります。

レビュー投稿日
2018年11月2日
読了日
-
本棚登録日
2018年11月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの...』のレビューをもっとみる

『おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする