おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)

3.43
  • (193)
  • (305)
  • (898)
  • (50)
  • (6)
本棚登録 : 3057
レビュー : 184
著者 :
制作 : 志田 正重 
キじばと。さん 日本の小説・エッセイ   読み終わった 

勝利とかれんとの仲は大きな進展を見せないまま夏休みに入り、勝利は合宿のためにかれんと離れなければならなくなります。そんな彼にりつ子が積極的にアプローチを開始します。

合宿を終えた勝利は、かれんといっしょに、彼女の実母である鴨川のおばあちゃんの元を訪れます。そしてその夜、かれんは今日は家に帰らないと勝利に告げ、二人はペンションで一夜を過ごすことになります。

現在の著者は官能描写を含む小説も執筆していますが、もちろんベタ甘な純愛をえがいた本作ではそうした展開になることもありません。19歳の男と24歳の女という設定ですが、二人ともキャラクター的な人物造形になっているので、ここまでの作品世界を受け入れてきた読者にとっては安心感をおぼえる展開になっています。

レビュー投稿日
2018年11月2日
読了日
-
本棚登録日
2018年11月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の...』のレビューをもっとみる

『おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする