To LOVEる -とらぶる- ダークネス (3) (ジャンプコミックス)

4.03
  • (47)
  • (40)
  • (39)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 674
レビュー : 18
著者 :
制作 : 長谷見 沙貴 
キじばと。さん 少年コミック   読み終わった 

まずはリトとルンちゃんのデートです。ルンとレンが分離するというのは、今後のハーレム展開を見越しての処置でしょうか。

後半は、リトのために甲斐甲斐しく尽くすモモの姿を見て、自分の居場所がなくなったように感じる美柑を主役にした物語になります。

巻末の「番外編」は、唯がリトへの自分の想いは初恋なのではないかと気づく話。

それにしても、最初はララに意地悪をするやや腹黒キャラだったルンが、恋にもアイドル活動にも全力で取り組む健気な女の子になっているのは、ちょっとどうなんだろうと思ってしまいます。腹黒キャラのポジションはモモに取られてしまったので、仕方がないのでしょうけれども。

レビュー投稿日
2014年10月11日
読了日
-
本棚登録日
2014年10月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『To LOVEる -とらぶる- ダークネ...』のレビューをもっとみる

『To LOVEる -とらぶる- ダークネス (3) (ジャンプコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする