深夜特急3-インド- (新潮文庫)

3.90
  • (730)
  • (740)
  • (899)
  • (24)
  • (4)
本棚登録 : 5690
レビュー : 433
著者 :
キじばと。さん 日本の小説・エッセイ   読み終わった 

第3巻では、インドとネパールでの体験が綴られます。

インドのデリーにたどり着いた著者は、日本人の医大生と、ダッカへ向かうという旅慣れた日本人青年に出会います。そこで著者は、ダッカ行きの青年に連れられて、身体を売る幼い少女や、物乞いをする老人、さらにカースト制度のもとで生きる人びとの姿など、強烈なインドの現実を目にすることになります。ブッダガヤーでは、日本語教師をしている此経啓助に出会い、「アシュラム」と呼ばれる孤児院を訪問します。

巻末には、旅から10年後におこなわれた著者と此経との対談が収められています。

レビュー投稿日
2018年9月19日
読了日
-
本棚登録日
2018年9月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『深夜特急3-インド- (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『深夜特急3-インド- (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする