論語 (ちくま文庫)

3.40
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 6
著者 :
キじばと。さん 哲学・思想   読み終わった 

フランス文学の研究者であり、中国史研究の泰斗として知られる桑原隲蔵を父にもつ著者が、『論語』について解説している本です。

「郷党第十」までがとりあげられており、古今の注釈を比較しながら、著者みずからの納得のいく解釈がとられています。そこで語られる孔子の思想は、堅苦しい道学者ふうの説教ではなく、すなおなヒューマニズムの発露というべきものです。

単にこれまでの諸注を比較するのとは異なり、本書のようなスタンスで『論語』を解釈することは、解釈者自身の人間的なスケールを測られるということであり、非常に恐ろしいことだと感じてしまいます。まさに「解説」で河合隼雄が述べているように、「孔子という人と桑原武夫という人の二人の人の切り結び」というべきもので、著者の語り口はゆったりとしたものであるものの、非常にスリリングな読書体験をあじわうことができました。

レビュー投稿日
2019年6月29日
読了日
-
本棚登録日
2019年6月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『論語 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『論語 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『論語 (ちくま文庫)』にキじばと。さんがつけたタグ

ツイートする