私たちはいまどこにいるのか 小熊英二時評集

4.18
  • (15)
  • (15)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 157
レビュー : 16
著者 :
tsutomu1958さん 思想関連   読み終わった 

なるほどなあと感心したのが、もし北方四島が日本の統治下に入った時、そこの住民が「ロシア系日本人」として日本に編入することに繋がることによって様々な問題が発生することを指摘した事でした。無知な私は、北方領土といえば豊かな漁場や海底資源が眠っているかもしれないといったことにしか関心がいきませんでした。小熊氏は歴史や社会を研究しているのですが、そこにはそれぞれの時代に生きる人間への温かいまなざしが注がれていることを、私はこの時評集を通して実感しました。

レビュー投稿日
2012年5月29日
読了日
2012年5月29日
本棚登録日
2012年5月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『私たちはいまどこにいるのか 小熊英二時評...』のレビューをもっとみる

『私たちはいまどこにいるのか 小熊英二時評集』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする