姫君 (文春文庫)

3.42
  • (113)
  • (149)
  • (413)
  • (37)
  • (15)
本棚登録 : 1395
レビュー : 193
著者 :
tsuyudayflowerさん 小説   読み終わった 

結構前に読んだのを再読。一番最初の話に出てくる男が最低だった…という印象が強烈だったのですが、やはりもう一度読んでみてもMENUの時紀が強く印象づけられました。
愚直なほど誠実な聖一、血は繋がってないけど時紀と本質がよく似ている義妹の聖子、ほどよい距離感を保っていた友人の麻子…時紀の周囲にいる様々な人間に対する複雑な感情の描写に惹き込まれました。あの後時紀や聖子はどんな人生を歩んでいくのか、とても気になるお話でした。

レビュー投稿日
2018年3月13日
読了日
2018年3月13日
本棚登録日
2018年3月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『姫君 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『姫君 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする