素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち

3.71
  • (17)
  • (8)
  • (28)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 93
レビュー : 12
制作 : S.D. シンドラー  Ursula K. Le Guin  村上 春樹 
まろんさん 猫♪   読み終わった 

さあ、『空飛び猫』シリーズも3冊め。
翼をもつあの子たちは、今回はどんな冒険を?とわくわくして表紙をめくったら。。。

なんと、今度の主人公は、翼を持たないふつうの子猫、アレキサンダー。
でもこのアレキサンダー、「ふつう」なんて言ったらぷんぷんふくれること間違いなしで
「僕は素晴らしいアレキサンダー!」と確信しているところが、可愛いことこの上ない♪

猫って、多かれ少なかれ、自分のことを
「僕って素敵☆」 「私って最高♪」 って思ってるところ、ありますものね。

この、いわれのない万能感に満ち満ちたアレキサンダーが
ちょっと冒険してみようと思い立った途端、トラックにびっくり仰天し
猟犬に怖れをなして木の上に駆け登り、降りられなくなって
しっぽを太くして幹にしがみついている挿絵がまた、猫好きの心をくすぐります。

でも、アレキサンダーが素敵なのは、「僕って素晴らしい!」と思い込むだけじゃなくて
窮地を救ってくれた空飛び猫のジェーンのために何ができるか考えに考え、
「Me!」(みー)と「Hate!」(ひー!)しか言えなかったジェーンの
心の傷に根気よく寄り添って、彼女の言葉をついに引き出してあげたこと。

正真正銘の素晴らしい猫として、「彼は素晴らしい猫」と褒め称えられて
当然のように「もちろん」と答える、得意満面の顔に
こちらまでにんまりしてしまいます。
そして、空飛び猫ジェーンと、ふつうだけど素晴らしい猫アレキサンダーが
結婚したら、生れてくるのは空飛び猫なのかしら、と
早くもいらない心配をしている私なのでした。

レビュー投稿日
2012年12月20日
読了日
2012年12月17日
本棚登録日
2012年12月19日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち』のレビューをもっとみる

『素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち』にまろんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする