風が強く吹いている

4.40
  • (1922)
  • (757)
  • (541)
  • (20)
  • (11)
本棚登録 : 5588
レビュー : 1329
著者 :
まろんさん ま行の作家   読み終わった 

心は、一緒に駆け抜けた!
大手町から芦ノ湖へ。そして、芦ノ湖からみんなの待つ大手町へ。

すごいなぁ!どうがんばっても体育の通信簿は3で
校内マラソン大会が怖ろしくてたまらなかったこの私に
竹青荘のみんなと一緒なら(特に、ハイジが一緒なら♪)
走ってもいいかなぁ。。。と思わせてしまう、この感動!

「つきあわせてすまなかった」ではなく「ここまで一緒に来てくれて、ありがとう」と
心をこめて訂正するハイジに「合格」とつぶやく王子も

練習では、個性的すぎてともすればぶつかりがちなメンバーを穏やかに宥め
花の二区を7人抜きでしなやかに駆け抜けたムサも

これまでずっとお互いがお互いの目標だった双子の弟が
走ることで新たに見出した世界を、一縷の淋しさを抱えながら応援したいと願うジョータも

よりによって襷を渡された瞬間に、葉菜ちゃんの気持ちを知って
「好きなら走れ!」という走からの伝言そのままにハイテンションで走るジョージも

ムサと共に穏やかにチームを支える存在であったのに、本番で体調を崩し
高熱と頭痛で意識も朦朧とする中、山登りのきつい5区を走りぬいた神童も

再婚した母と、その夫と、半分だけ血のつながった幼い妹の予期せぬ応援に
それまで抱いていたわだかまりを解いて雪道を跳ぶように駈けるユキも

禁煙し、ダイエットに励み、自分の体質に絶望して一度はやめた陸上に再び挑む中
勝つことではなく、信頼とつながりのために走ることの喜びを知ったニコチャンも

無駄に高いプライドに邪魔されて、誰とも深く交われない自分が
駅伝という夢を一緒に追い、仲間と濃密な時間を過ごせたことに感謝して走るキングも

「俺にとっての最高のランナーは、きみしかいない」というハイジからの言葉を胸に
淋しく孤独な走りから解き放たれ、自分以外のだれかを恃む尊さに心震わせながら
藤岡が出した区間新記録を1秒でも塗り替えてハイジに襷を渡すために駈ける走も

竹青荘の10人目を辛抱強く待ち続け、あらゆる努力を払って準備を整え
ほとんど素人同然のメンバーひとりひとりの心に寄り添い、練習に心を配って
完治していない古傷を抱えながら最後の10区を魂を込めて走り切ったハイジも

みんなみんな、あきれるほどひたむきで、美しい。

ハイジ♪ 竹青荘のみんなと一緒に、私にも頂点が見えたよ!
そして、きっちりシード権を獲って、
次の世代にまで襷をつないだ10人に、乾杯♪

レビュー投稿日
2012年9月15日
読了日
2012年9月15日
本棚登録日
2012年9月15日
23
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『風が強く吹いている』のレビューをもっとみる

『風が強く吹いている』のレビューへのコメント

bluebird-ryuryuさん (2012年9月15日)

まろんさん、先日はコメントくださり、ありがとうございます!嬉しかったです。

『風が強く吹いている』は、私も次にちょうど読もうと思っていた小説でした!!
陸上競技部出身の私ならではの、また別の角度から、この小説の深みを味わえたらいいなって思います。
読み終えた際は、私もレビュー書きますね。

まろんさんの様々な本のレビュー、とっても楽しみにしてます。今後ともよろしくお願いします^ ^

マリモさん (2012年9月16日)

風が強く吹いている、読まれたんですね~!これ、誰彼構わず紹介したくなる大好きな本です♪
10人が10人、ほんとに個性的で素敵なメンバーなんですよね!
私も体育は苦手で(というか大嫌いで)、むしろさぼることばっかり考えているような生徒でしたが、そんな私が一緒に走りたくなるような疾走感といったら!(もちろんハイジの指導を受けながら♪)
最後はもう泣きまくりでした。

陸上ものでは、何年か前の本屋大賞、「一瞬の風になれ」も面白いですよ~、青春にあふれています。これは短距離のお話ですが、もし未読でしたらぜひ♪

まろんさん (2012年9月16日)

bluebird-ryuryuさん☆

こちらこそありがとうございます♪コメントとてもうれしいです!

なんと、bluebird-ryuryuさんは陸上をやってらっしゃったんですか!
それならきっと、運動音痴の私の何倍も、この小説を堪能できると思います。うらやましいくらいに。
ハードカバーだと、表紙に登場人物がその人ならではの名ゼリフと共に
箱根駅伝でのエントリー順に並んでいて、
下の方にも名シーンが「これでもか!」と描かれているので
文庫ではなくハードカバーでお読みになれたらいいなぁ、と勝手に祈ってみたりして。
この本のレビュー、ほんとに楽しみにしていますので、張り切って書いてくださいね(*'-')フフ♪

まろんさん (2012年9月16日)

マリモさん☆ 

おお、マリモさんも体育に泣かされた&ハイジに心を奪われた同志だったとは!
ナカマ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。ナカマ

ほんとに10人が10人とも、アクが強いのに憎めない、愛おしい男の子たちでした。
でも、もちろん、言うまでもなく、ハイジがダントツに素敵でしたけれど♪

「一瞬の風になれ」は、分冊になっていてかなり長いので
運動音痴の私が感情移入してちゃんと読めるか不安だったのですが
マリモさんのおすすめなら、迷わず読んでみます!
薦めてくださって、ありがとうございます(*^_^*)

だいさん (2012年9月16日)

貴女のレビュー、駅伝での襷をつなぐように語られていて、本当に躍動感がありますね。感動が、坦々と伝わってきます。
僕(おやじ)は、もう走れない、と思ったことがありました。(特に運動部ではない)。
だけど、走ることは若さの証のようなもの。自分で走ってみると、人間は動物なんだと、変な感激(懐古か?)しますよ。
本の最後は、涙なしでは読めませんよね。

すばらしきレビューに 乾杯!!

まっきーさん (2012年9月16日)

こんにちはー。

読書の秋に(またはコタツでゆっくり冬に)『風が強く吹いている』を読もうと思っていました。

まろんさんのレビュー見たらやっぱり読みたくなってしまいました♪

私500ページを超えると、ちょっと尻込みしてしまうんです(-_-;)
図書館で借りて500ページを二週間で読み切れるかなー…とか、考えてしまうんですよね。

青春スポーツものなので、大丈夫そうかな♪

まろんさん (2012年9月16日)

だいさん☆

コメントありがとうございます!
「駅伝の襷をつなぐように」なんて、身にあまるお言葉をいただいて、感激です♪
プリントアウトして机の前に張っておきます!

この本、10人それぞれの、走ることや仲間に抱いている思いが
終盤の箱根駅伝を走るシーンに凝縮されていて、心が震えました。
本当に、頁にぽたぽた涙を落とさないで読むのが大変でした。

だいさんを見習って、運動音痴の私も
いきなり全力疾走は無理だけど、
ウォーキングに限りなく近いジョギングあたりから、がんばってみようかな。。。

まろんさん (2012年9月16日)

まっき~♪さん☆

読んで読んで~♪
だいじょうぶ!確かに500ページあるけれど
なんといってもしをんちゃんの筆なので
理屈っぽさがなくて、上手くて、ぐいぐい読ませますから!

それに10人の男の子たちが
漫画に埋もれたオタク王子やら、やたらと人懐こい双子やら
宗方仁と藤堂さんを足して2で割ったような理想のリーダーやら
自分の恋心にすら無頓着な、走りオタクの少年やら
アルカナファミリアに負けるとも劣らない、楽しいキャラの宝庫なので(*'-')フフ♪
読むことができたら、レビューはもちろんのこと
どのキャラが一番好きだったか、教えてくださいね♪

マリモさん (2012年9月16日)

「風が強く吹いている」は襷ですが、「一瞬の風になれ」はバトンです。
最初は、ベタベタな青春すぎる感もあるかもですが、途中からは本当に風のごとく駈けぬけます。
そして読み終わった後は、走り終えた後のような爽快感♪
走るって気持ちいい!(なんちゃって笑)

横ですが、まっき~♪さん
2週間あれば大丈夫です♪むしろ徹夜の方を心配してください(笑)。ぜひぜひ読んでみて~!・・・ともうひと押ししてみる!

nobo0803さん (2012年9月16日)

この本は 私が大好きな本です!!
まろんさんのレビューを読みながら、そう!そう!と思いだして涙、涙・・です。

10人それぞれ個性的なんだけど、その10人が繋いでいく襷にはたくさんの思いがつまっていて
私も一緒にその襷をつなぎたい!と思いました。
あたかも自分が走ってる気になってるし・・(笑)

しをん。さん (2012年9月17日)

本当に、かっこよくて感動的で背中を押される作品ですよね。私も、中学時代に陸上部・長距離・駅伝メンバーだったのであの悲痛感がものすごくわかります。

そして、単行本で読まれたのですよね?
文庫本もどちらも読んだのですが、やはり目を引くのが単行本の表紙・裏表紙のみんなの紹介!!ほんとうに面白いです。

私も、竹青荘のみんなと一緒に駅伝に出たいです(笑)

HNGSKさん (2012年9月17日)

まろんさん、お久しぶりです。
まろんさんのレビューを読んで、この作品を読んだばかりのころのあの感動を思い出しました。読んだ当初は、走とハイジさんのことで頭がいっぱいになったくらいです。
そして、この小説に感銘をうけすぎて、私自身もフルマラソンにもうすぐ挑戦することは、内緒です。(笑)

まろんさん (2012年9月17日)

マリモさん☆  

おお、「一瞬の風になれ」は、同じ陸上でも個人競技なのかと思ってました!
バトンでつながる物語だとは、ますます私好みかも♪
青春から遥かに遠ざかった私には、「ベタベタな青春」も、大好物です(笑)
マリモさんのおかげで、「よ~し!読むぞー!」気分がますます高まってきて、わくわくしています。
薦めてくださって、(それから、まっき~♪さんへのもうひと押しも♪)
ほんとうにありがとうございます(*^_^*)

まろんさん (2012年9月17日)

noboさん☆

わ~い♪noboさんも、読みながら、心は一緒に走ってた仲間だったんですね!
ナカマ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。ナカマ

私は運動神経を測定したら、きっと針がマイナスに振り切れるほどの運動音痴なので
ずっとこの本が気になっていながら、ついていけるか心配で手が出なかったのですが
読んでみてものすごく感動できた上に、
noboさんをはじめ、たくさんのブクログ仲間さんたちと
こんなにも感動を分かち合えて、今、二重の意味で感動しています♪
しをんちゃんありがとう!竹青荘のみんな、ありがとう!
そしてハイジ、大好きよー!と叫びたいです(笑)

まろんさん (2012年9月17日)

紫苑さん☆

なんと!紫苑さんが、フルート演奏のみならず
あの長距離を駆け抜ける駅伝メンバーとしても活躍されていたとは!
音楽もスポーツも得意だなんて、素敵だなぁ♪
駅伝の経験は、この本の感動を何倍にも膨らませてくれたのでしょうね。

そうそう、私は単行本で読みました。
読む前に、表紙をじっくり眺めてワクワクし、
読み終わってもう一度表紙を隅から隅まで見て
物語のワンシーンワンシーンを思い出してまた泣いたり笑ったりして、
娘に「なにやってんの?」とあきれられました(笑)
文庫版も読まれたなんて、さすがですね!
後書きとかオマケとかあるのでしょうか?気になります(笑)

まろんさん (2012年9月18日)

あやこさん☆

お久しぶりです!コメントありがとうございます♪
走とハイジのことで頭がいっぱいになる感じ、わかりますわかります!
私は、かなりの部分ハイジ♪ですが(笑)

深く深く感動したのはもちろんなのですが、
冒頭で、走の名字の蔵原から、走をむりやりクララにして
ハイジ、走、ユキで名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」トリオだー!
とニコチャンがこじつけたシーンに吹き出したことが忘れられません♪
そして、この本の感動をちゃんと具現化して
フルマラソンに挑戦されるあやこさん、すばらしいです!
猫の手以下の頼りなさですが、あやこさんが気持ちよく楽しく
フルマラソンを完走されるよう、こっそり応援させていただきます(*'-')フフ♪

koji54さん (2012年10月9日)

コメントありがとうございます!

自分の本棚をこんなにていねいに見て下さる人がいるなんて…本当にうれしいです。

「潔いレビュー」は,ただ時間がない+めんどくさいだけなのですが…これからも,びしっと潔くレビューします!

「風強」…コミック版おすすめします。
原作とはキャラクターが少し違いますが,スピード感のある画風+テンポが大好きです。

まろんさんの本棚…これからものぞかせてください。よろしくお願いします!

まろんさん (2012年10月9日)

kojiさん☆

こちらこそ、コメントありがとうございます!
kojiさんがおすすめとあらば、コミック版も読んでみたくなってしまいますね。
私の大好きなハイジが、かっこよく描かれているといいなぁ(笑)
びしっと潔いレビュー、楽しみにしています(*'-')フフ♪

attachanさん (2012年11月11日)

まろんさん、先日はコメント&フォローありがとうございます!感激です!

そんなに読書家というわけではないし、読むのも遅いですがいい本に出会うとうれしいですね。
この「風が強く吹いている」は私のつたない読書人生において言葉に出来ないくらいすばらしい経験をさせてもらいました。
本当に一緒に練習して走っているみたいでした。

まだブクログ初心者です。
まろんさんやいろいろな方の本棚を参考にしてこれからもいい本に出会いたいです!
よろしくお願いします!

まろんさん (2012年11月12日)

attachanさん☆

こちらこそ、感激です!
私もブクログを始めたのは今年の3月なので、まだまだ初心者です。
それまでは数少ないお気に入りの作家さんの本ばかり読んでいたので
ブクログを始めて、ブクログ仲間さんたちの多彩な本棚が、本当に宝箱のように眩しくて
知らなかった作家さんや、気になっていたけれど手が出せなかった本と
すばらしい出会いができて、うれしい毎日です♪
attachanさんの大好きな本も、たくさん教えてくださいね(*'-')フフ♪

kwosaさん (2013年1月5日)

まろんさん

あけましておめでとうございます。

先日はなんとも有り難いコメントを頂戴しまして、ただただ感激するばかりです。
お風邪を召されていらしたんですね。その後お加減はいかがですか。どうぞご自愛ください。

新年一冊目は何を読もうかと熟考した末、お正月にちなんだものをと『風が強く吹いている』に決定しました。
読了後、当然まろんさんは読んでいらっしゃるであろうと本棚を拝見。襷リレーのように駆け抜けるレビューに、あの胸が熱くなる興奮がよみがえってきました。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。
座右の積ん読がまろんさんの本棚と何冊か被っていたので、なぜかいまからわくわくしています。

まろんさん (2013年1月6日)

kwosaさん☆

新年から素敵なコメントをありがとうございます!
体育がずうっと3で、運動会の前にはいつも自家中毒で寝込んでいたひ弱な私ですが
kwosaさんをはじめ、ブクログ仲間さんたちの温かいコメントのおかげで
すっかり元気になりました♪

新年一冊目に、『風が強く吹いている』。。。なんて素敵な選択でしょう!
一年の締めくくりにこの本を読んでよかった、
新年にはやはりこの本、と、心を込めて本を選ぶところに
kwosaさんらしい、本への敬意が表れていて、すばらしいなぁ、と思います。

そして、「座右の積ん読」! 素敵です♪
座右の銘より、もっと積極的に、生きるちからにつながりそうです(*'-')フフ♪
kwosaさんの「座右の積ん読」と私の本棚のどの本が被っていたのか
想像すると楽しくて、私もわくわくしています!

shuwachoさん (2013年2月27日)

こちらこそはじめまして。コメントってこんな風に使えるんだ!@@!とビックリしています。
まろんさんのこのレビューは「風が強く」のみんなが走馬灯のように蘇って、何度読んでもジンワリとゴールの感動が蘇ります。みんな大好き~!ありがとう~!
まろんさんが選ぶ本とレビュー、楽しみにしています。これからもどうぞよろしくお願いします!

まろんさん (2013年2月27日)

shuwachoさん☆

コメントありがとうございます。うれしいです♪
家族も本を読まないし、近所の友人にもあまり本を読む人がいなくて
本について語り合える環境にないので、ブクログのコメント欄で
ブクログ仲間さんと語り合えることがうれしくてたまらない私です(*'-')フフ♪

竹青荘のみんな、私も大好きです!
どんなに汗臭くても、どろんこでも、かいがいしくお世話してあげるからおいで~♪
と、言いたくなっちゃいますよね(笑)

お時間があれば、またコメントで本についておしゃべりさせてください!
これからもよろしくお願いします♪

コメントをする場合は、ログインしてください。

『風が強く吹いている』にまろんさんがつけたタグ

ツイートする