ミッドナイト・バス (文春文庫)

3.79
  • (18)
  • (56)
  • (35)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 357
レビュー : 46
著者 :
tunagimoさん  未設定  読み終わった 

新潟出身の作家ということで新潟住みの自分は勝手に親近感を感じたので手にとってみた。
読み終わって、予想を超えるほど面白い本だった。
家族間で起きた傷を再生していく物語は感動的で、バスや車の移動してる時に起こる利一の心情や、玲司や美雪と話す言葉たちは移動してる時だからこそ打ち明けられる話とかも、この本は「移動間」に起きる季節の移ろいや、街の描写が上手いなあと感じた。
新潟の古町や弥彦らへんをドライブしながら慣れ親んだ街をもう一度ゆっくりと見よう。BGMはユーミンで

レビュー投稿日
2017年7月15日
読了日
2017年7月15日
本棚登録日
2017年7月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミッドナイト・バス (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『ミッドナイト・バス (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする