乙嫁語り(3) (ビームコミックス)

4.35
  • (613)
  • (495)
  • (149)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 3972
レビュー : 271
著者 :
つるつる壺さん 少年漫画   読み終わった 

2012/09/12
【好き】スミスが立ち寄った市場で馬と荷物が盗まれる。荷物は返ってきたが、そこで知り合った娘:タラスの家で世話になることに。 タラスは嫁ぎ先の兄弟全員と結婚するがすべて死別というなかなかハードな過去の持ち主で、義母はタラスの将来を心配している。 スミスの嫁にしてくれと懇願され一度は拒否するが、結局貰うことに…と思ったら突然事情が変わって破談に。 この時代は父親の言うことは絶対だったのだな…本人同士で決められない結婚というのは悲しい。

レビュー投稿日
2012年9月18日
読了日
2012年9月12日
本棚登録日
2012年9月18日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『乙嫁語り(3) (ビームコミックス)』のレビューをもっとみる

『乙嫁語り(3) (ビームコミックス)』のレビューへのコメント

猫丸(nyancomaru)さん (2012年9月18日)

「この時代は父親の言うことは絶対だった」
スミスを忘れさせて呉れるような、良い人と結ばれたら救われるかな?(スミスは?)
アルミの姉妹のコトを考えると、それを望むのは、、、(考えたくない現実って奴)

つるつる壺さん (2012年9月18日)

> nyancomaruさん
タラスの話はこれで終わって欲しくないと思いますが、奇跡でも起きない限りスミスとの再会は難しそう…ですね。
しかし、あの父親が選ぶ夫に希望を持てない…。
うぅ行き止まりだ…(泣)

猫丸(nyancomaru)さん (2012年9月21日)

「うぅ行き止まりだ…(泣) 」
確かに、、、
大きな混乱(ロシアの影)が起きて、、、一人になってしまい。。と不穏な想像をしたりして。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『乙嫁語り(3) (ビームコミックス)』につるつる壺さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする