おれ、うさぎのラビィ (児童図書館・絵本の部屋)

  • 評論社 (2000年12月1日発売)
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 4
5

図書館でぱらぱら読みして一目ぼれ。
この本は今回ほとんど参考にならなかったのだけど(笑)

うさぎのぬいぐるみラビィのたどたどしい一人称で語られるのは、
絵本としては超王道なストーリー。
『はじめてのおるすばん』が、こんな話じゃなかったかしら。

ぬいぐるみなのでもちろん動けないのだけど、
細かな表情の変化を追っていけるのが楽しい。

まさに、「何度も読み聞かせるのに耐える」本だと思う。

***
原題は『Tom Rabbit』のようなのだけど、
わざわざ名前が変えられているということは
うさぎとTomを結びつける文化的な背景があるのだろうか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 絵本
感想投稿日 : 2010年12月18日
読了日 : 2010年12月18日
本棚登録日 : 2010年12月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする