すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

3.97
  • (72)
  • (128)
  • (55)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1001
レビュー : 126
著者 :
twshayafuneさん 新書   読み終わった 

何かに没頭すること。没頭する何かを見つけること。それが一番大事だ。
簡単なことだと筆者はいう。私も簡単だと思っていたが、実は見つけられない人が大勢いることを知った。
それはやはり、学校や親に洗脳されているからなのではないかと思う。学校の勉強以外のことに興味を持つことは悪であるという洗脳。
これを抜け出すには、まずは洗脳に気付くこと。そして少しずつ現状からは見だしていくことなのだろう。

レビュー投稿日
2017年10月8日
読了日
2017年10月5日
本棚登録日
2017年10月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の...』のレビューをもっとみる

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする