欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

3.86
  • (30)
  • (30)
  • (33)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 303
レビュー : 24
ミツさん 投資   読み終わった 

4回成功し、4回破産する。
そんな人生があるだろうか。

ジェシー・リバモア。
1877年マサチューセッツ州生まれの米国の相場師。
1940年、ピストル自殺。
この本は彼にインタビューし
彼の相場観を物語として描いたものだ。
そこにはラブロマンスもピストル自殺も描かれない。
ただひたすら、リバモアが
相場とどう取り組んできたかが描かれる。
4回の成功と4回の破産もここにはない。
しかし。
彼が相場と戦い続けた生きざまが
ここにはある。
ひるがえって、相場とは何か。
人間の欲望と幻想とは何か。
それが描かれていると言える。
多くのトレーダーが読むべき一冊として
この70年以上も前の本を上げる。
その意味をかみしめたい。

レビュー投稿日
2013年8月5日
読了日
-
本棚登録日
2013年8月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア』のレビューをもっとみる

『欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア』にミツさんがつけたタグ

ツイートする