図書館内乱

4.12
  • (1793)
  • (1349)
  • (1138)
  • (43)
  • (11)
本棚登録 : 8905
レビュー : 953
著者 :
Uariさん  未設定  読み終わった 

図書館シリーズ第二弾。
テイストとしては第一弾と変わらないので省略。
次巻以降も購読決定。
キャラの恋愛親密度が随分すっ飛んで進んでいる気もするが、ここらで進めておかないと次巻以降の展開に差し障るのかな?
一番感情移入できたのは、意外な事に柴崎だった。
情報屋というキャラ付で便利に使われるだけじゃなかったのだな。
ちゃんと葛藤や孤独や、人間臭さが描かれていて面白かった。
周りの人間を観察して、裏読みをして、工作して、自分の立ち回りを決める。。。自分も職業柄+性格で日常的にやってる事だから非常によく分かる。
人間関係における立ちまりを上手くするコツは周りの人間全てを信用しない事。これに同感出来ちゃうので、自分でもどうかと思う。

しかし私はキャラクターではないので徹底できなくて痛い目にあってることも多いが。
次巻以降の柴崎に、もっと注目してゆこう!

レビュー投稿日
2011年3月31日
読了日
2011年3月31日
本棚登録日
2011年3月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館内乱』のレビューをもっとみる

『図書館内乱』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする