僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)

3.17
  • (13)
  • (79)
  • (138)
  • (33)
  • (13)
本棚登録 : 772
レビュー : 109
著者 :
うっちーさん  未設定  読み終わった 

タイトルから想像される内容とは異なり、テレビとネットの関係について、ひろゆき氏の持論が展開される。タイトルにある2ちぇんねる譲渡の理由は冒頭で軽く述べられているものの本書の本論ではない。

氏の主張には概ね同意できるが、特に目新しいと感じることも独自性を感じることもなく、平凡な内容。表現は過激だが、切れ味はない。正直期待外れだった。残念。

レビュー投稿日
2019年1月3日
読了日
2009年6月8日
本棚登録日
2019年1月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新...』のレビューをもっとみる

『僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)』にうっちーさんがつけたタグ

ツイートする