赤ちゃんに学ぶ 「個性」はどこから来たのか

著者 :
  • 講談社 (2014年8月1日発売)
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 7
3

赤ちゃんの脳発達の専門家である著者が、自身の研究分野から得た洞察から、様々な考えを広げて、ものの考え方、人生の生き方に対して、意見を述べている書といった感じです。総括すると、平均化した考えを押し付けることなく、個性を受け入れて、他人を理解する社会が、これからの世界の発展のために必要であろうということのようです。自身の分野や他の分野の研究などが様々に引用され、著者の勉強ぶりが表れていますが、少し話が飛んで、言いたいこととのつながりが分かりにくい部分があるように感じました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 心理学
感想投稿日 : 2014年9月12日
読了日 : 2014年9月12日
本棚登録日 : 2014年9月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする