リーマンの牢獄

著者 :
  • 講談社 (2024年5月16日発売)
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 96
感想 : 2

三菱重工転換社債 CB
p23 政治家に配るのは野村、総会屋に配るのは山一と日興

p131 遊女の誠と四角い卵は、ありえないことのたとえ

p140 丸紅はもともと山一と近しい芙蓉グループ

p147 東海地方の医療機器販売会社 村中医療器、栗原医療機会、そして八神製作所 八神純子の実家

p188 アリストテレス 無限とは一つの欠陥であり、完全ではなく限界の欠如である

p220 刑務所をみれば、その国の文化が分かる ドストエフスキー

p223 馳星周 走ろうぜ、マージ

p244 チャックプリンス 音楽がなり続けている限りは踊り続けなければない

p262 バーバムの森 マクベス
バーナムの森が立ち上がって動き出さない限り、汝が戦にまけることはない

ありえないこと、ブラックスワンだっていつか起きる

p372 刑が確定して未決囚から既決囚になると、昔は赤い囚人服を着せられた。赤落ちという

p374 腸液10年以上は囚人番号4桁、未満は3桁で、重罪犯とすぐわかる

p402 カミュ 自らの中に自らの幸せを見い出せ

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: misc
感想投稿日 : 2024年5月18日
読了日 : 2024年5月18日
本棚登録日 : 2024年5月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする