カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

3.69
  • (322)
  • (301)
  • (567)
  • (47)
  • (18)
本棚登録 : 4344
レビュー : 362
制作 : 亀山 郁夫 
uhaginoさん  未設定  読み終わった 

21世紀になっても人類はこの小説の提示している問題を乗り越えられていない。ドストエフスキーが死んでからソ連が誕生し、崩壊し、現代があるけれども、「大審問官」は予言を続けていると思う。訳者による続きの予想が書かれたりもしているが、この未完の大作は、未完であるがゆえに、人類の未解決の問題として聳え建っているとしか思えない。

レビュー投稿日
2012年11月21日
読了日
2012年11月21日
本棚登録日
2012年11月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文...』のレビューをもっとみる

『カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする