魔女の宅急便 6それぞれの旅立ち (角川文庫)

4.01
  • (41)
  • (36)
  • (31)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 475
レビュー : 48
著者 :
りんご花さん 2017年   読み終わった 

前回から随分時は進み、二人の子供、双子がメインの話。もうとんぼさんが完全に大人です。キキはまだ幼さを残し、子供と一緒に遊びたいと思うくらい。双子は物凄く弟のトトを応援したくなります。もしかしたらって気持ちひしひしと伝わります。不公平は不公平ですし、ちょっとくらいと思わざるを得ません。私からするとべべと話せるだけでも羨ましいですが。この後の続きを赤毛のアンくらい読みたいです。

レビュー投稿日
2017年5月13日
読了日
2017年5月13日
本棚登録日
2016年1月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魔女の宅急便 6それぞれの旅立ち ...』のレビューをもっとみる

『魔女の宅急便 6それぞれの旅立ち (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする