日本の難題をかたづけよう 経済、政治、教育、社会保障、エネルギー (光文社新書 590)

制作 : 荻上チキ  SYNODOS 
  • 光文社 (2012年7月18日発売)
3.14
  • (2)
  • (22)
  • (37)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 347
感想 : 39
4

自分が当事者として問題を解決に充てられない分野の問題に触れることができます。その分野における挑戦者の方々の問題への取り組みを垣間見ることができて勉強しなり、刺激になりました。様々な問題を解決していく立場に立ちうる塾生を輩出していきたいと思います。
妙にいつも荻上チキさんの分析力と発言力には納得させられてしまいます。また視点の鋭さは、見習いたいし、うらやましくも思います。
特に印象に残った3つ。一つは、「経路依存性」。なぜ、PCのキーボードの配列は、QWERTY型なのか。これは、ゲーム理論の経路依存性からくるという紹介。次に「メカニズムデザイン」をメッセージから結果への関数とキャッチーしている件は、惚れ惚れしました。3つめは、ひきこもりを社会学から評価していた点。そのほか、ナッシュ均衡やマスキン単調性、環境エネルギー、社会モデルなど一冊にして今日本が抱える代表的な問題をあらゆる視点から評価、検証の結果を学べる本です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 経済論
感想投稿日 : 2012年8月15日
読了日 : -
本棚登録日 : 2012年8月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする