女の旅―幕末維新から明治期の11人 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社 (2012年3月23日発売)
3.24
  • (1)
  • (4)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 11
3

山本志乃『女の旅  幕末維新から明治期の11人』中公新書、読了。近世以前、女性の一人旅は困難だったが、江戸末期より自らの意思で「移動」する女性たちが登場する。俳人田上菊舎は40年も歩き、松尾多勢子は志士を助け、河原操子は大陸浪人の女性版……。

およそ女性に限らず、限定的社会は基本的に「移動の自由」が制限されている。ひとりひとりが自身の意思において「移動」をすることにより、共同体は活性化していくものである。彼女たちの足跡は社会の変化を映し出している。

本書で、河原操子を初めて知る。松本藩士の長女として生まれ、大同学校教師を経て、モンゴルの王室で教育顧問、粛親王と交友、同地の女子教育に先鞭をつける。同時に日露戦争関係横川省三と沖偵介と諜報活動に従事。知られざる「女傑」(←言葉が古い)の存在に驚くばかり。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 人間の自由
感想投稿日 : 2012年7月20日
読了日 : 2012年7月20日
本棚登録日 : 2012年7月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする