知の考古学 (河出文庫)

4.11
  • (13)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 481
レビュー : 11
制作 : 慎改 康之 
ujikenorioさん フランス現代思想   読み終わった 

新刊のミシェル・フーコー(慎改康之訳)『知の考古学』河出文庫、ざっくり読んだ。連続的歴史と解釈的分析を拒絶するひとつのマニフェストと言ってよい現代の古典ですが、翻訳も素晴らしく(中村雄二郎訳も悪くはないと思うけど)、文庫収録を言祝ぎたい。手軽にアクセスできるのがよい。

ちなみに、『知の考古学』の訳者・慎改康之先生によるフーコー『ピエール・リヴィエール』も文庫化、知らない間に、ドゥルーズの『差異と反復』、『フーコー』も河出文庫化されていた。前著は単行本で大枚をはたいたわけだけど、まあ、よろこぶべしですね。

レビュー投稿日
2013年8月6日
読了日
2013年8月6日
本棚登録日
2013年8月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『知の考古学 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『知の考古学 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『知の考古学 (河出文庫)』にujikenorioさんがつけたタグ

ツイートする