トクヴィルの憂鬱: フランス・ロマン主義と〈世代〉の誕生

著者 :
  • 白水社 (2011年12月23日発売)
4.09
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 4
3

革命後のロマン主義世代の高揚と煩悶という視座から再検討する一冊。民主主義の全能感と無能力の落差に直面させられた懊悩をつまびらかにするが、絶望はしなかった。「若者」の苦悩から読み直す興味深い試み。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 評伝
感想投稿日 : 2012年8月13日
読了日 : 2012年8月13日
本棚登録日 : 2012年8月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする