病み上がりの夜空に

著者 :
  • 講談社 (2014年7月17日発売)
3.42
  • (1)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 5
3

これは、美談では、ない。

「みんな違ってみんないい」などと世間は障がいを持つ子供には言うが、その親には愚痴を言ったりすることは許されない雰囲気があるという。
どんな障がいがあろうとも自分の子は可愛いはずだ、愛せるはずだと。

でも実際は想像を絶する現状がある。たまには息抜きもしたいし、実際問題、育児に時間を圧倒的に取られる為仕事にも支障をきたす。
自分の子を愛せない親だっている。それが現実だ。
そんな事情を汲むこともせず親なら自分の子は可愛いはずだと押し付ける権利は一切ない。

自分の辛かった育児を思い出し読んでいて苦しくなる箇所もあるが、子供が成長するにつれ親も親になっていく、そして何より自閉症の娘・エリの自我の目覚めを予感させるエンディングを読んで、パンドラの箱のように最後希望が残る読後感であった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年12月10日
読了日 : 2014年11月19日
本棚登録日 : 2014年11月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする