話しベタですが…(暮らしの文藝)

3.50
  • (4)
  • (7)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 111
レビュー : 12
ウクレレ1号さん 文学   読み終わった 

どんな相手とも、歩調を合わせて話ができるようになりたいけれど…。人づきあいには、その人の哲学が表れる。高浜虚子、川上弘美、村上春樹、森鷗外など、古今の作家たちが「話す」ことについて綴ったエッセイ32篇を収録。

書くことは出来ても話せることとは違うのだな。

レビュー投稿日
2018年9月15日
読了日
2018年9月15日
本棚登録日
2018年9月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『話しベタですが…(暮らしの文藝)』のレビューをもっとみる

『話しベタですが…(暮らしの文藝)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする