六の宮の姫君 (創元推理文庫)

3.60
  • (205)
  • (235)
  • (474)
  • (42)
  • (11)
本棚登録 : 2133
レビュー : 239
著者 :
にれはらさん  未設定  読み終わった 

私が芥川作品であまり苦痛なく読むことができた作品を題名に据えていたから、なんとなく親近感を持って読んでいました。
文学者たちの考えはやっぱりいまの私にはわからないけれど、それがすごく貴重なことだけはひしひしと感じますし、それってそそられる人にとってはとっても興味をそそられるなものなのだろうとも。ぶわっといろんなことが思い浮かんで、色々と考えさせられる作品でしたし、私の肌には合ったのかな、と思います。
他人にお勧めするには少しテーマの入りが難解かな、とも思いました。

レビュー投稿日
2018年10月25日
読了日
-
本棚登録日
2018年10月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『六の宮の姫君 (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『六の宮の姫君 (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする