昭和史 〈戦後篇〉 1945-1989

3.86
  • (41)
  • (37)
  • (52)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 344
レビュー : 36
著者 :
umatatuさん  未設定  読み終わった 

なかなか理解しにくく詳細に語られることがない戦後の日本の歴史を

GHQの統制を中心に分かりやすく理解できた。

まさに激動の時代であり、現代の基礎を形作ったのはこの時代であり、

間違いなく限界に来ているのが今だと思う。そして世界史と関わりが一気に深まっていることを感じる。

①1945年8月15日(終戦直後)~1951年

アメリカの占領時代➡戦後日本の骨組み

GHQによる非軍事化、民主化➡象徴天皇制

その他軍国主義からの大きな転換、改革実施。

②1952年~1960年

日米講話条約締結からの60年安保闘争にかけての政治闘争時代

国創りの選択肢

①天皇陛下の元、自国軍隊創設による「ふつうの国」への回帰

②社会主義国家(ソ連の発想に近い)

③軽武装・通商貿易国家➡経済第一主義

④東洋のスイス、小日本としての文化国家

結果的に対外関係(冷戦)上③を選択した

③1961年~1965年

経済発展の時期➡国民所得倍増計画

④1966年~1972年

自信回復の時期

経済発展が結果して現れる時代

沖縄返還を持って、戦後は終わる。

時代は40年周期
戦後の40年1945年~1992年➡戦後復興からバブル崩壊
1992年~2032年➡方向性を失った滅びの40年?
経済大国になって調子に乗った??
明治維新から発展➡40年
2度の世界大戦➡40年

レビュー投稿日
2016年9月23日
読了日
2016年9月23日
本棚登録日
2016年9月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昭和史 〈戦後篇〉 1945-1989』のレビューをもっとみる

『昭和史 〈戦後篇〉 1945-1989』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする