The High-Rise Private Eyes #6: The Case of the Fidgety Fox (ICan Read)

著者 :
  • HarperCollins (2004年5月11日発売)
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 3
4

たまには運動しないと、ということで散歩に出かけた二人は、バスが歩道際に停まっているのに、運転手が歩道を歩き回ってちっとも発車させようとしていないところに出くわした。バス停に並んでいる客は不平たらたら。事情を聞いてみると、いつもバックミラーにぶら下げている幸運のふわふわサイコロがなくなったという。事件だ。Bunnyは早速仕事に取り掛かる。

これも良い! 6巻では、最後にJackがなかなか粋なはからいをするんですよ。いつもまじめに仕事しない彼がこういうことをしてくれると(ってJackに怒られちゃうな)、一気にポイント上がっちゃいますね。まあ、はじめは「なんで??」っていうところもあるんだけど、そんなのも忘れちゃうくらい良かった。

英米ではサイコロってお守りになるの? その辺がよくわからないけど、運転手のスカンク(名前はMelvin)がサイコロをお守りとしてすごく大事にしてるのよね。しかもふわふわのサイコロ。もうそれだけでかわいい。そんなサイコロがあるならわたしも欲しいなぁ。

この本でもひとつ新たな表現を知った。それは"Break a leg."。Bunnyはそのまんまの意味に捉えてびっくりしちゃうんだけど、Melvinはそういう意味で使ったんじゃないんだよね。ふぅむ、勉強になります。

さて、このシリーズは今はとりあえずこの6冊で終わり。7巻と8巻も出てるんだけど、まだPBになってないので買ってない。出たらもちろん買いますよ。それまでこのシリーズはお預けということで。早く出ないかな。

読了日:2007年1月17日(水)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 洋書絵本
感想投稿日 : 2009年7月23日
読了日 : -
本棚登録日 : 2009年7月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする