オー・ヘンリー傑作集〈1〉最後の一葉

3.73
  • (13)
  • (6)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 17
umitotanpopoさん 海外文学   読み終わった 

低めの★3つ。名前は知られているがちゃんと読んだことのない作家…オー・ヘンリーもその中のひとりだった。
『最後の一葉』が英語の教科書かなんかになっていたような、いなかったような(うろ憶え)…。
各出版社が毎夏展開する名作文庫フェアに、リチャード・バックの『かもめのジョナサン』同様必ずと言っていいほど登場する、オー・ヘンリー。感想は…
普通過ぎるw 良くも悪くも、ニュースペーパー掲載のショートストーリーという印象。それように書いているのだからそれ以上である必要はないし、一つの価値ではある。だから、これで充分といわれればその通りだし、“短編の名手”として後世に名を残しながら、決して“偉大な作家”と謳われることはないだろうことも然り。中学生くらいの年齢で読むのがちょうどいいのかも。

レビュー投稿日
2011年11月28日
読了日
2011年11月11日
本棚登録日
2011年11月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オー・ヘンリー傑作集〈1〉最後の一葉』のレビューをもっとみる

『オー・ヘンリー傑作集〈1〉最後の一葉』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『オー・ヘンリー傑作集〈1〉最後の一葉』にumitotanpopoさんがつけたタグ

ツイートする