レ・ミゼラブル〈3〉 (岩波文庫)

3.91
  • (22)
  • (14)
  • (28)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 241
レビュー : 15
Sarahさん littérature française   読み終わった 

読書日:2017年8月5日-8月12日.
Original title:Les Misérables.
Author:Victor Marie Hugo.
MariusがÉponineからの情報でEuphrasie(Cosette)と、
彼女が住んでいる庭で再会出来た時は感無量、只只感動しかありません。

ÉponineはMariusに恋を抱いている様子ですが、
MariusがEuphrasieに行動が怪しくなる程夢中になっているので、
彼女の恋はきっと報われないでしょう。
今巻の後半では、父親の様に隠語を使わない様になっているので、
今後の彼女の言動がMariusやJean Valjeanにどの様な影響を与えるのかが楽しみです。

Gavrocheは知らず知らずの内に、生き別れた
実弟二人に白パンを恵んだり、自分の家に住まわせ、兄らしさが感じられました。
上の姉同様に教育さえ受ければ、紳士らしい言動をする様になる事でしょう。
そして実弟二人と別れた後はいつか再開し兄弟と解り、
いつかは家族水入らずで暮らせる様にと願ってやみません。

レビュー投稿日
2017年8月12日
読了日
2017年8月12日
本棚登録日
2012年8月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『レ・ミゼラブル〈3〉 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『レ・ミゼラブル〈3〉 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『レ・ミゼラブル〈3〉 (岩波文庫)』にSarahさんがつけたタグ

ツイートする