はるかなるわがラスカル (角川文庫 赤 269-1)

  • KADOKAWA
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
3

幼少時、アニメーションで楽しんだ、あらいぐまラスカル。
きちんと文庫で読んだのは、40年近く後。いい年をさらに過ぎたいい大人ですが、ラスカルの愛らしさ、スターリングのまっすぐな気持ち、心に沁みる作品です。
ラスカルとの別れ、アニメーション世代には忘れられないシーンですが、ラスカルとの「出会い」には驚きました。今の時代には絶対にありえない自然の姿、少年の逞しさにも驚かされます。

読書状況:いま読んでる 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2010年6月21日
本棚登録日 : 2010年6月21日

みんなの感想をみる

コメント 1件

猫丸(nyancomaru)さんのコメント
2013/04/30

「スターリングのまっすぐな気持ち」
ラスカルの可愛さと相反するように厳しい話でしたね。スターリングの生真面目さって、やっぱり親の躾でしょうか?(私的には優等生過ぎる嫌いがありました)

ツイートする