生きながら火に焼かれて

3.64
  • (98)
  • (109)
  • (250)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 775
レビュー : 183
unciaunciaさん  未設定  読み終わった 

ぬくぬくと日本で生きてきた私にとって衝撃の内容でした。
こんな国が今でもあるのかと恐ろしく思いました。
イスラム圏内の国では今でも女性が男性と接触しただけで家族から制裁を受ける。
その制裁とは生きたまま頭にガソリンをかけて火を着けられるというもの。
それがある国ではごく普通に行われているということ。
とても狂っていますが、その国では悪いと思ってやっていない。
むしろ無断で女性が男性と触れ合う事の方がその国では罪なのです。
女性は家畜以下ということが普通。

悪い人は自分を悪いと思っていないから悪い事が出来るのかもしれません。
家族内殺人という恐ろしい正義。
名誉の殺人のターゲットになったスアド。
『人を殺してはいけない』は当たり前と思っていました。
その『当たり前』が通用しない国が本当に存在する恐ろしさ。
普通とか常識とか当たり前というものはいったい何なんでしょうか。

救いはスアドが生き延びた事。

レビュー投稿日
2013年2月4日
読了日
2013年2月4日
本棚登録日
2013年2月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生きながら火に焼かれて』のレビューをもっとみる

『生きながら火に焼かれて』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『生きながら火に焼かれて』にunciaunciaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする