政と源

3.64
  • (179)
  • (526)
  • (492)
  • (62)
  • (7)
本棚登録 : 2924
レビュー : 508
著者 :
yocoさん 日本の小説   読み終わった 

下町のハートウォーミングストーリー。
主人公は70歳代の幼馴染2人なんですよ。
片方は40代で妻を亡くしたつまみ簪職人、もう片方は70歳になった頃に妻に出て行かれた元銀行マン。
死がわりと身近にあって、体に痛みも出てくるお年頃。

老後の生き方についてふいに考えさせられる物語でもありましたね。
今の団塊世代の男性もきっと、家庭を顧みずに我武者羅に働いてきた人が多いんじゃないでしょうかね。
終着点が熟年離婚だとすれば、なんだか寂しい。

ところで主人公のこのお二人、案外子どもか!ってくらいに拗ねたり意地を張ったりする場面もあるんですが、こんな風に長く付き合いのある関係を持てるって、本当に素晴らしいことですよね。
それも、こんなに違う二人が。
違うといえば、作中で登場する徹平&マミちゃんもまた素晴らしい。ちょいちょい登場する二人の幸せな姿と、困難を乗り越えようとする漢気溢れる姿にぐっときました。

この本は素晴らしいところがいくつもあるんですが、その1つがまず装丁。和風で美しい装丁な上、中には格好良いイラストまで描かれています。
それからところどころで登場する国政の心の声やツッコミが面白くて。
「あそこを船で通ってるとき、俺の頭にカモメがとまったんすよ」
「本当かい」
(略 ※徹平のお馬鹿発言)
"徹平くんは、カモメに脳みそを持ち去られたのかもしれないな、と国政はちらと思ったが、むろん黙っておいた。"とか、いちいち面白い。

三浦しをんさんの紡ぐ言葉は本当に丁寧で心に届くから、物語ももちろんいいのだけど、読んでいてとても心地よかったです。
ああ、いい物語を読んだなあという気持ちでいっぱい。

大事な人が亡くなった時の描写で、
「長く親しんだ景色をまたひとつ失ったさびしさは、これから少しずつ胸の底に降り積もることだろう。」とか、どうしてこんな的確な言葉が選べるんだろう。
とにもかくにも、いろんな方面から最高の1冊でした。

レビュー投稿日
2016年4月25日
読了日
2016年4月25日
本棚登録日
2016年4月25日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『政と源』のレビューをもっとみる

『政と源』のレビューへのコメント

杜のうさこさん (2016年4月27日)

初めまして。杜のうさこです。

yocoさんの真摯で温かいレビュー、いつも楽しみに読ませていただいてます。

この本、よかったですよね~♪
今まで読んだ三浦しをんさんの中でも、特に好きな一冊です。
個人的に、幼なじみとか、おじいちゃん、おばあちゃんものが好きというのもあるんですが、
くすっと笑ったり、おいおい!って突っ込みをいれたくなったり、
かと思えば、ほろりとさせられたり…。
それまでそんなに興味もなかったつまみ簪、その繊細な美しさに、魅かれるようになったり。

「長く親しんだ景色をまたひとつ失ったさびしさ~胸の底に降り積もることだろう」
この表現、胸に響きますよね…。
しみじみと、いい作品だったなぁと思います。
また、読みたくなりました。
素敵なレビューをありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

yocoさん (2016年4月28日)

杜のうさこさん、初めまして。
嬉しいコメントありがとうございます^^

この本、ほんとよかったですよ~♪
三浦しをんさん好きだなぁと改めて感じ入っていたところです。いいですよね、しをんさん。
>個人的に、幼なじみとか、おじいちゃん、おばあちゃんものが好きというのもあるんですが、
くすっと笑ったり、おいおい!って突っ込みをいれたくなったり、
かと思えば、ほろりとさせられたり…。
すごくわかります・・・!
登場人物のキャラもよくて、でもちょっと哀愁があったりして。
つまみ簪、私も読み終えた後に検索してみたんですが、ものすごく美しくて、感動してしまいました…頭に思い描いていたものと全然違って、普段目にすることないものでしたが、徹平が作ったようにピアスもあるみたいで、思わず欲しくなりました。

しをんさんは、「船を編む」でも感じましたが、ほんとに言葉を大事にされてますよね。言葉選びも表現も胸にすとんと落ちるものが多くて。

こちらこそいつも杜のうさこさんのレビュー、楽しみに読ませていただいてます^^
どうぞこれからもよろしくお願いします(_ _*)

aida0723さん (2016年6月4日)

「政と源」ときっかけにyocoさんのレビューを読みました。作品のいいところを引き出していて、ニュートラルな視点のコメントが気持ちいいです!

yocoさん (2016年6月5日)

初めまして。
コメントありがとうございます^^
そんな風に言ってもらえると、すごく嬉しいです。
読み終わった後の感想を素直に残してるものばかりですが、また読んでもらえたら幸いです。フォローもありがとうございました^^

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする