日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

4.30
  • (466)
  • (345)
  • (125)
  • (16)
  • (8)
本棚登録 : 3113
レビュー : 444
著者 :
yocoさん エッセイ   読み終わった 

これは、ものすごくよかったです。
20歳から25年お茶を続けた著者が綴った、お茶の世界。小難しい話は一切なくて、始めたばかりの頃の「なぜ?」という疑問や驚き、少しずつ広がりを見せていくお茶の世界、研ぎ澄まされていく五感…縁のなかったお茶の世界を知れて、その深さにとても感動しました。
読み返そうとして、鳥肌が立ってしまうくらい。

追体験したお茶の世界は、とっても不思議。
「頭で考えない」「覚えない」と、お茶の先生が言うことは、学校の先生が言うこととはまったく違う。
後にそれは、10年20年の流れで物事を見ているからだと気づかされます。詰め込みで知識や解法を頭に入れるのではなく、自分で気付く学びの喜びを知る。
生き急いでいては思いもつかないくらい長く、優しい目で人の成長を見守る視点に、なんだか尊いものを感じました。

それから季節のこと。
「春夏秋冬」の四季は、古の暦では24に分けられていたんですよね。
肌で季節を感じられるようになると、実際に季節は4つではなく、日々移り変わっているのを感じられるようです。道に咲く花や空気の湿り具合、空の高さなど、季節を感じるものはこんなにも溢れていたのに…意識を向けるだけで肌に感じるものが全然違うんですね。

季節が巡るように、暑い日や寒い日も人生にはあって、同じ日は1日もない。
どんな日も、その日を存分に味わう。
日日是好日…毎日が、いい日。
最後にその言葉が染み込んで、心が震えた。

読めて本当に幸せでした。

レビュー投稿日
2016年5月14日
読了日
2016年5月14日
本棚登録日
2016年5月14日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15の...』のレビューをもっとみる

『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする