夜の光 (新潮文庫)

3.89
  • (128)
  • (214)
  • (146)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 1468
レビュー : 158
著者 :
yocoさん 日本の小説   読み終わった 

研ぎ澄ませ、研ぎ澄ませ、集中しろ。無駄な時間は1秒だってない。ここで起こるすべてを見つめ、記憶しろ。でなければ生き残ることはできない。
私は今、戦場にいるのだから。
(中略)
戦場の名は、高校という。

当時は気付かなかったけど、振り返ってみるとあれが青春だったとわかる。楽しく笑う日々ばかりでなく、内面で葛藤があり、戦いのあったあの日々を、懐かしく思い出しました。
転校したこともあり、私は2つの高校に通ったけれど、私にとっても高校は戦場だったなあと思う。いじめられていたわけではないけれど、気を張って、自分を何とか守りながら過ごしていた気がします。

それぞれの思惑で入部した天文部。
普段クラスでは交わらないようなメンバーが不思議な縁で結びつく。この適度な距離感やクールな中にもコミカルな会話がツボでした。帯に書かれた「絶対零度の青春小説」というコピーは秀逸だと思う。

誰もが通る青春という道を駆け抜けていく彼らの先に、輝かしい未来がありますように。そう思って本を閉じました。
「誰かを特別にするのは、その人を特別だと思う人の存在。ならば、私たちは、きっとものすごく特別な存在だ」というフレーズが大好きです。

レビュー投稿日
2017年11月22日
読了日
2017年11月22日
本棚登録日
2017年11月22日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜の光 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『夜の光 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする