スカートの風―日本永住をめざす韓国の女たち (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.48
  • (18)
  • (19)
  • (49)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 221
感想 : 25
5

衝撃の書。中身は平易な日本語で書かれてあり、且つ20年以上前に書かれたものであるのに、そうか!!なるほど!!と驚きをもって何度も納得させられた。

お隣の国、韓国から27歳で留学生として日本にやってきた著者が直面したカルチャーショック。ただそれだけを述べられているなら、どこにでもある内容だ。
ただこの本のすごいところは、日韓の文化的な背景、その上で成り立つ現代の両国の社会的、民族的な特徴まで踏み込んでいて、且つそれが学術的な文化比較論ではなく、また低俗な善悪問題に堕ちるわけでもなく、メディアがさかんに騒ぎ立てる表面的な日韓問題の狭間で実は切実な事柄として横たわっている幾つかの課題を洗い出しているところだ。

日本人の私にとっては、より日本を理解する上でもとても意味のある本だった。

余談だが、あとがきで著者が少し触れているが、この本に対する読者の反応のしかたも、両国の特徴が出ているなと感じた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年3月28日
読了日 : 2013年3月28日
本棚登録日 : 2013年3月28日

みんなの感想をみる

ツイートする