後宮デイズ~七星国物語~(7) (プリンセス・コミックス)

3.60
  • (3)
  • (9)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 10
著者 :
うらこさん プリンセスコミックス   読み終わった 

とうとう流星が翡翠の兄であるという事実が発覚です。流星が身代わりであるとか、頭痛がして薬を飲んでいるというあたりで、なんとなく予想はしてましたけど、このタイミングってよいのか悪いのか・・・。

出逢ってすぐだったら諦めもつくだろうに、これだけ深入りして、相手を好きという状態になってからの事実はかなりつらいと思います。

そこに出てきた柘榴。
かっこいいんだけど、翡翠がどん底のときの申し出で、これで翡翠が柘榴の元にいっても、みんな幸せにはなれないように思います。

願わくば、翡翠と流星には血のつながりがないというオチになりますように・・・。

レビュー投稿日
2014年10月8日
読了日
2014年10月8日
本棚登録日
2014年10月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『後宮デイズ~七星国物語~(7) (プリン...』のレビューをもっとみる

『後宮デイズ~七星国物語~(7) (プリンセス・コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『後宮デイズ~七星国物語~(7) (プリンセス・コミックス)』にうらこさんがつけたタグ

ツイートする